なんとなく雑記

F1やモータースポーツ、PC、プログラミングなど

PC

通知領域にATOK2014のアイコンを表示させる

ATOK2014を導入しました。

これまでは2012だったのですが、2012同様、2014でも通知領域にアイコンはデフォルトでは表示されません。
表示させる方法は2012と同じです。

ATOK2012の通知領域アイコンが表示されない
1.ATOKのプロパティを開き、[入力・変換]タブ-[入力補助]-[特殊]-[テキストサービスの詳細設定]で、[テキストサービスを使用しない]に設定する。
2. 再起動を要求されるので、再起動し、再びATOKのプロパティを開き、[入力・変換]タブ-[表示]-[ATOKの状態を言語バーで表示する]のチェックを外して、表示されるウィンドウで[トレイに格納する]を選択する。

2014で良くなった点と言えば、間違って日本語入力をオフのままアルファベットで文字を打った時に、ctrl+Back Spaceで日本語入力に直してくれるところ。
例えば、「ohayougozaimasu」と打ってしまった場合、ctrl+Back Spaceを押すと「おはようございます」と変換してくれます。
ただし、livedoorブログの入力欄ではこの機能は使えないので、ブラウザ内の入力に一部対応していないのかも。


またまたNortonが不調

昨夜、Nortonのエラーが原因でネットにつながらない状況がありました。
最近どうも安定しないですね。

少し調べてみたのですが、キヤノンITソリューションズが販売しているESET Smart Securityが軽くて安定していそうです。
 

検出率はNorotnよりもやや劣るとレポートを出しているサイトもあるようですが、不具合が出るよりも良いかもしれません。

Norotnが不調

ウイルス対策ソフトはNortonを使っているのですが、最新のバージョンに変えてから、いろいろトラブルが続いています。
Windows7では対策パッチが出ていて、現在でもインストール後にライブアップデートを行うとパッチを当てるようになっています。
XPではNortonが原因でシャットダウンが止まっていたり。

安定して使えるようになって欲しいです。

dinabook SS RX1のDVDケーブルとCPUクーラーの交換

dinabook SS RX1の起動時間が異常に長くなり、起動してもDVDドライブを認識しなくなったので修理しました。
DVDの接続ケーブルを外した状態で起動すると通常通り起動するので、問題はDVDの接続ケーブルであることが判明。
差し直しても直らなかったので、ケーブルが何らかの理由で断線したものと思われます。
ついでにトラブルの起きやすいCPUファンも交換することにしました。

部品はチチブデンキで取り寄せました。
DVD接続ケーブル、CPUクーラーとも3,150円。
電話で問い合わせたところ、DVDケーブルは取り寄せになるとのことで、納期は1週間と言われましたが、実際には3日で入荷されました。

部品を受け取り、交換です。
まずは、裏のネジを外していきます。
1

裏のネジは4種類、18カ所あります。
緑の丸印の位置にあるメモリカバーのネジはカバーからは外れないので、カバーごと外します。

さらに左サイドに小さいネジが1つあります。

2

今回交換するパーツはこちら。
CPUクーラー。小さいです。
3


DVD接続のリボンケーブル。
4


裏蓋を外すと下のようになります。
6

まずは、CPUクーラーから交換していきます。
7

CPUクーラーは2カ所のネジで固定されているので、それを外し、電源ケーブルを抜けば簡単に取り外せます。
ちなみに、CPUクーラーのプラスチックのカバーを外した状態がこちら。
8
CPUファンの音がうるさくなってきたときは、モーターの中心部に精密機械用のグリスを差せば安価に直せますが、それも限度があるので、最終的にはクーラーそのものを交換するほうがいいでしょう。

シリコングリスを拭き取ったCPU。Pentium Mなので世代的にはかなり前になりますが、まだまだXPだと問題なく動いてくれます。
9
グリスを塗り直して、逆の手順でクーラーを装着しました。

続いて、DVDケーブルの換装。
DVDドライブを持ち上げると、2つのネジで固定されているのでそれを外します。
10

DVDケーブルはSDカードスロットの基板とつながっているので、この基板を外して抜き取ります。
11
外したら、後は元通り接続していくだけです。

裏蓋をはめ直すときには、左サイドのイヤホンジャックのところが出っ張っていて、引っかけるようにしてはめないといけないので注意が必要です。
最初に分解したときは少し手間取りました。
12
裏蓋をはめたらPCカード用のケーブルを接続し、ネジを全て締めたら修理完了です。
DVDドライブもきちんと認識し、問題なく起動できるようになりました。

RX1は比較的簡単にメンテナンスできるので長持ちしていいです。
重量もHDDをSSDに換装済みなので1kgを切っていて、持ち運びも便利で重宝しています。

M4 ファームウェア更新

知人にPCの調子が悪いと相談されて、チェックしてみるとPCに搭載されていたcrucial M4の5000時間問題でした。
ファームウェアの更新で解決。
ついでに自分のPCのM4のファームウェアも040Hに更新しました。
これと言って不具合もありませんでしたが、速度も特に上がっていません。
SATA3Gbpsで接続しているため、下のスコアが精一杯の感。

20130107-FW040H
オススメ
オススメ